茶室の材料・銘木など商品のご紹介 <野根板・化粧杉皮>

→商品一覧に戻る
野根板は、天然木(植林ではないもの)の黒部(ネズコ)・椹の樹齢250年以上の原木を刃物を使わず、人の手だけで木の繊維に沿って割って(剥いで)いったもので、割った自然の凸凹の肌と光沢が素朴でわびた独特の雰囲気を醸しだし、茶室、数寄屋建築の天井材としては必要不可欠な材料です。
弊社の化粧杉皮は奈良県吉野産の樹齢70年〜120年くらいの杉の原木から製造しています。鬼皮を鑑賞する錆皮と鬼皮を削った削皮があり、塀板、腰板、化粧裏板、屋根の杉皮葺きなどに使用されます。
 
黒部板目野根板(ヘギ板)  特選
975×150×2
192枚入り1束
バラ売り可能

 

 
椹柾目野根板(ヘギ板)  特選
975×150×2
192枚入り1束
バラ売りはできません(96枚単位)
※野根板は、他に黒部柾、椹板目もございます。
また、板幅も150幅以外に90幅や網代用の小幅板もございます。お問合せ下さい。
 
 
杉錆長皮 特選 
1900×300〜450
  3坪入り1束
 
杉削長皮 特選
1900×300〜450
3坪入り1束
※杉削長皮はその他、程度によって極稀、上稀がございます。
野根板・化粧杉皮 を使用した事例
 
野根板割りは高度な職人技が要求されます。
 
     
 
茶室の掛込天井に黒部板目野根板を使用
 
     
 

四阿の化粧裏板に黒部板目野根板を使用

 

トイレの開き戸に黒部板目野根板を使用

 
 
 

水屋の物入れの戸板に黒部板目野根板を使用

 
 

 

 
>
 
杉錆長皮を張った塀
 
     
 

腰掛けの化粧裏板に張られた杉削長皮

 
 

 

 
 
 
→商品一覧に戻る