茶室の材料・銘木など商品のご紹介 <茶室金物>

→商品一覧に戻る
弊社で販売している茶室金物をご紹介します。価格やサイズなどお気軽にお問合せ下さい。
  ●三福対 二重折釘 大

床の間に三福(または二福)の掛軸、
三福対を掛けるための釘。
両脇の釘は廻縁下端を動くように取付けます。
真中の釘は折釘や二重折釘を使う場合と竹釘を
使用する場合があります。
 
  ●三福対 一重折釘

床の間に三福(または二福)の掛軸、
三福対を掛けるための釘。
この一重折釘は雲板に仕込みます。
 
  ●中釘

床壁の雲板に掛軸を掛けるために打つ折釘。
床の中央廻縁下端より9分下がったところに
打ちます。
 
  ●竹釘

@竹釘 軸用
床の間雲板に打つ軸掛用。

A竹釘 水屋用
水屋腰板に打ち、茶せんや布巾などの
水屋道具を掛けます。
 
  ●無双釘 沈

床の間正面の壁に掛花入用として打ちます。
花入を掛けない時には掛軸が掛かるので
折釘の先が出し入れできるようになっています。
(裏千家用)
 
  ●無双釘 浮

床の間正面の壁に掛花入用として打ちます。
また、この釘は床柱の掛花入用として床柱に打つ
こともあります。(表千家用)
 
  ●中釘 足長

床の間正面の壁に掛花入用として打ちます。
(表千家用)
 
  ●花生釘 丸味用

床柱に打つ掛花入用の釘。
太口と細口があり、通常、広間には太口、
小間には細口を使用します。
 
  ●柳釘 平用

床中奥隅柱に打つ柳掛花入用の釘。
お正月の床飾りに結柳を入れた竹の花入を
掛けるための釘。
平用は隅柱が丸太や面皮柱の場合に使用。
 
  ●柳釘 隅用

床中奥隅柱に打つ柳掛花入用の釘。
お正月の床飾りに結柳を入れた竹の花入を
掛けるための釘。
隅用は隅柱が角柱の場合に使用。
 
  ●花蛭釘栓差・捻足

床中釣り花入用。床天井に取付けます。
通常、台目から一間幅の床では床幅1/3床柱寄り
床天井奥行中心に打ちます。
栓差と捻足があります。
 
  ●釜蛭釘栓差・捻足

季節により釣り釜を使用する時に自在鎖を
掛けるための釘。
6分、5分、4分があり、6分は8〜10帖、
5分は4.5〜6帖、4分は4.5帖以下の小間に
使用します。栓差と捻足があります。
 
  ●稲妻釘栓差・捻足

床脇の天井に銅鑼や喚鐘を釣るための釘。
銅鑼は前から掛けるので床脇天井の真中に口を
前にして打ちます。大きさは、大、中、小があり、
捻足もあります。
 
  ●撞木釘

床脇の柱に喚鐘を打つ撞木を掛ける釘。
一本の場合と二本の場合があります。
 
  ●落掛釘

床の間落掛中央に一輪差し掛花入用に
打つ釘です。
 
  ●朝顔釘割足

床の間の袖壁にある下地窓の葭や竹に打って
掛花入を掛けます。
釘の先が割足になっていて両側に開いて
固定します。
 
  ●袋釘

流派によって小間の中柱に打つ袋掛用の釘。
 
  ●丸打掛

2寸、1.5寸、1寸があり、
2寸は躙口の内掛け締まりとして使用します。
その他のものは板戸の締まりや
あおり止めとして使用します。
 
  ●平打掛

枝折戸用締まりとして使用します。
 
  ●花釣釘割足

掛雨戸を窓の折釘に掛けるための釘。
先が割足になっていて掛雨戸の上框に仕込み
埋木をします。
 
  ●小判輪掛金

掛雨戸を固定するための金物。
付属のピンが施錠の役割をします。
 
  ●シギノハシ

突上げ窓や掛雨戸の突上げ棒の先に付け、
開き止めの役目をします。
 
  ●巻頭釘

3.5寸、3寸、2.5寸、2寸、1.8寸、1.6寸、1.4寸、
1.2寸、1寸、8分、7分、6分。
躙口の挟み鴨居・敷居を止めるのに使用。
また、連子窓の竹を止めるのにも使用します。
 
  ●頭巻釘

2寸、1.8寸、1.6寸、1.4寸、1.2寸、1寸、
8分、7分、6分。
躙口の戸板を桟に取付けるのに打ったり、
隅棚の釣木に打ったり、また、天井の竹の竿縁や
掛込天井の小舞竹を止めるのにも使用します。
 
  ●折釘

3寸、2.5寸、2寸、1.8寸、1.5寸、1.2寸、1寸。
3寸は屋根の妻のところに板額を受けるのに使用。
2寸〜1.8寸は掛障子、掛雨戸用。
1.8寸〜1寸はスダレを掛けたり、
路地の帚掛けに使用します。
 
  ●肘坪

大は中門扉釣り用。
小は普通板戸、枝折戸用。
丸味大は板戸、竹張戸、植込入口戸用。
 
 

●三ツ坪

戸襖、板戸用の肘坪です。

 
  ●閂(貫抜)

中門扉の裏側に取付け、ここに木の角材をさして
施錠します。
3個を取付け、真中のものはツク付のものを用い
角材が抜け落ちないようにします。
 
  ●こうがい釘

閂(貫抜)の抜け留めのために使用します。
 
 
→商品一覧に戻る