茶室材料・銘木・北山杉 <納材経歴>

茶室材料や北山杉、磨き丸太、銘木などの弊社の納材経歴をご紹介します。

横浜市:三渓園日本館>

三溪園は実業家の原三溪によって明治39年に一般に公開された17.5haに及ぶ庭園で、園内には京都や鎌倉などから移築された歴史的価値の高い建造物が巧みに配置されています。
明治35年に建てられた日本館は、広さ290坪に及び、楽室棟、茶の間棟、客間棟から構成され、 上空から見た形があたかも鶴が飛翔している姿を思わせることから、「鶴翔閣」と名づけられました。
震災、戦災などを経て平成10年から平成12年にかけて修復工事を行い、建築当初の姿に復元されました。